パソコンのHDDが壊れた時はショックです。事前にバックアップなどの対策をしてリスクを軽減しておくことが大切。

パソコンのHDDはまめにバックアップせよ
パソコンのHDDはまめにバックアップせよ

パソコンのHDDの中の大切なデータはバックアップが必要です。

以前何の前触れもなくパソコンが壊れるという経験をしました。スタートボタンを押しても起動せず、青い画面が出たり、いろいろ調べてみるとソフト面の故障ではなく、ハード面での故障ということが分かり、その中でもHDD(ハードディスク)クラッシュというものなんだということが分かりました。普段使い用とは別のあまり使わないパソコンだっただけにどうして?という感じでした。このパソコンの中には子供が生まれてからの写真データをパソコンに保存してあったのでこれだけが気がかりでした。パソコンの保障期間は過ぎていたし、ハードディスクの復旧をする業者も何社かあたりました。ハードディスククラッシュをしてもデータを取り出す技術を持っている業者さんはあります。本当に必要なデータであるならばこういう専門の方がいるというのは救われます。ただ見積りを聞いてみると数十万単位のものがほとんどでした。復旧させたいデータは写真データだけでいいのですが、その中にどれだけデータが入っていようがハードディスクの容量によって金額が決まるのが普通なんだそうです。

他の場所にも保管してあったデータも少しあったのと、フォトブックを数冊作ってあったので写真としては残りますが、消えてしまったデータのことはのは今でも残念です。このように少しでもデータが残っていればショックも少なくて済みます。

もしかしたら自分にも起こりうることです。そうならない為にも、こまめなバックアップが大切です。バックアップを定期的に行ったり、違うメディアに保存したり、クラウド上に保存しておくなどの対策を取っておくことが大切です。パソコンのハードディスク容量が大きくなってきているのでハードディスクに保存することがメインになってきています。私もその1人ですがで使用しているものだったので写真がメインでしたがそれでもかなりのショックでした。お仕事用ならメールや文書など大切なデータがたくさん入っています。これを失ってしまったら取引先などの信用問題にもなります。リスクを最小限に抑える為にも対策をとっておくことが肝心です。

Copyright (C)2017パソコンのHDDはまめにバックアップせよ.All rights reserved.